Zealandia キャット



■イヌ・ネコは古来、大自然で生き、狩りをして食べていた肉食動物です。
 肉食動物は肉だけで必要な栄養素を体内合成できます。本来の食事に近づけるがより良い食事と考えます。
 ジーランディアはニュージーランド産の動物の肉をふんだんに使用し作った缶詰タイプのウェットフードです。
中身はグリーントライプが32%、全ての肉類を含めると82%以上となっていて、肉食動物であるイヌ・ネコに合わせた総合栄養食です。
 全年齢の栄養をカバーした「オールステージ」となっておりますので、幼犬・幼猫から老犬・老猫まで安心してお使いください。


■犬や猫の大好物。グリーントライプが高配合
牛、羊、山羊、鹿などの反すう動物の第四胃を「トライプ」と言います。野生の肉食動物が草食動物を捕食した際、最初に胃や腸を食べます。
内臓も栄養価も高く消化しやすいですがその内容物にも美味しい理由があります。選り好みをするペットを含めて食いつきが良くなります。
それは草食動物が直物から作り出した栄養を効率よく摂取できるからです。反すう動物の第4の胃は、胃の中で最後に消化物が通るため発酵が進み、動物にとってより効率よく吸収できるわけです。
食物を消化する過程では、反すう動物が食べた食物は噛まずに飲み込まれ、第一胃と第二胃に送られます。胃の中の微生物により分解し口に戻ったり胃に戻ったりしながら噛み砕かれ、唾液と混ぜ合わせられます。その食物は再び飲み込まれ、第二胃、第三胃を経て第四胃に送られさらに消化液や消化酵素によって消化されます。そして第四胃から小腸に送られ、十分に消化された栄養を摂取することが出来ます。
トライプの中には、消化のために分泌されていた消化液、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸であるオメガ3やオメガなどが含まれています。カルシウムとリンの比率が比率が1:1での理想的なバランスです。



■犬や猫にとって穀物不使用が大事
犬や猫は肉食動物です。草食動物に比べて消化器官は短く、肉類をベースとしたタンパク質中心の食事が向いています。どれだけタンパク質が高くても脂肪と蓄積されることは無く良いとされいます。
逆に穀物などの消化に向いておらず穀物のほとんどは炭水化物ではなく糖類として消化、体内に脂肪として蓄積されます。最近では獣医師などの専門家は、犬の健康問題の主要な原因は穀物と炭水化物にあると提唱しています。

 

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0